押さえなきゃ損!
iPadの修理店舗別メリットデメリットと買い替えのサイン

iPad修理店別のメリットデメリットについて詳しく紹介しています。またiPadの買い替えのサインについても詳しく紹介しています。

iPhoneなどに比べ故障回数が少ないiPadは、いざ故障した際に「どこへ修理に出してよいものか」と悩む人が多いです。そこで今回はiPadの修理店舗ごとにあるメリットデメリットとiPadの買い替えサインについて紹介していきます。

修理店別のメリットデメリット

修理店舗には、それぞれに異なったメリットデメリットが存在します。ここでは
・正規店
・非正規店
以上の2店を順に紹介していきます。

正規店

メリット

正規店で修理を受けるメリットは
・はずれがない
・保証が利用可能
以上の2つです。順に紹介していきます。

・はずれがない

正規店での修理であれば、Appleの認定がついている純正パーツが使われる上、サービスの水準も安定しており「何かあった時」の対処もしやすいです。そのため「あまりにも技術が低い」といったはずれの店舗がそうそうないです。そしてメーカー保証などからはずれることもないです。「心配性」な方や「面倒くさがり」という方は正規店での修理がおすすめです。

・保証が利用可能

Appleの製品には1年間の標準保証がついているため、その保証を使えば無償で修理可能な場合があります。またAppleCareやAppleCare+などの保証に入っていた場合には、この保証が利用可能な場合があります。もし購入から1年経っていない方や、保証が付いている方は正規店での修理を検討してみて下さい。しかし一方で保証の適用基準に「過失や事故」が含まれなかったり、適用しても修理代が高かったりするので、非正規店も同時に検討されてみて下さい。もし端末の保証状況が分からない方はApple公式サイトから確認ができますので、事前に調べてから修理店の検討をして下さい。

デメリット

正規店で修理を受けるデメリットは
・データが消える
・保証期間の短さ
以上の2つです。順に紹介していきます。

・データが消える

まず初めにですが、AppleStoreの修理は、ほぼ確実にデータが消えると言っても過言ではありません。またその他の正規店でも個人情報保護の観点からiPadの初期化をされる場合が多いです。またAppleでは修理方法がイレギュラーな手となってしまう場合、新品との交換措置となることも多々あります。そのためデータが消されやすいです。逆に非正規店は、データを消さない修理が可能なので「データを保持したい」という方は非正規店での修理をおすすめします。

・保証期間の短さ

前述の通り、正規店の修理後保証は90日間と短めです。非正規店での保証に比べると少し物足りない感が否めず、コスパが良いとも言い難いところです。そのため「保証が物足りない」という方は非正規店で修理されることをおすすめしす。

非正規店

メリット

非正規店での修理のメリットは
・圧倒的なコスパ
・保証の手厚さ
以上の2つです。順に紹介していきます。

・圧倒的なコスパ

非正規店では基本的に修理費用が安く保証も長いため、非常にコスパが良いです。また予約がいらず直接行けて、正規店に比べ修理も短時間で終わります。特に「時間がない」という方や「安く済ませたい」という方にはおすすめです。店舗をしっかりと吟味して信頼のおける非正規店を探して下さい。

・保証の手厚さ

前述の通りですが、基本的に非正規店は正規店より保証期間が長い上、最近では保証期間が無期限のお店もあるため、長い目で見ても安心と言えます。そのため「また壊れるのが不安」などという方には非正規店での修理をおすすめします。

デメリット

非正規店での修理のデメリットは
・悪徳業者の存在
・メーカー保証
以上の2つです。順に紹介していきます。

・悪徳業者が存在する

非正規店を利用する場合、ネット上などで実績や口コミの確認を怠ってしまうと、「悪徳業者」と呼ばれるような業者に引っかかることがあります。大抵はすぐつぶれることが多いので心配いりませんが、最悪の場合iPadが壊れるので、しっかり事前に確認して下さい。また不安な方は総務省認定の「登録修理業者」という肩書を持つ非正規店への修理依頼をおすすめします。

・メーカー保証から外れる可能性

iPadの修理を非正規店が行った場合には、キャリアやAppleなどといったメーカーによる保証から外れる可能性があります。あくまでも可能性の話ですが、非正規店に依頼する際には覚えておいて下さい。

中見出し

iPadの買い替えサイン

「iPadが壊れた」となれば前述の通り、修理店を選ぶことも大切ですが、故障のケースによって買い替えた方が安いこともあります。そのため iPadの買い替えサインとして
・データが引き出せない
・時間がない
・フレームが曲がっている
以上3点を紹介していきます。

データが引き出せない

「画面がつかない」「タッチ操作ができなくなった」などというような画面の不具合が起きた場合、データを抜き出すことはかなり困難な作業になります。「PCからデータが抜き出せないのか」という話もありますが、こちらも難しいことに変わりありません。仮に引き出せたとしても、とても高度な技術が必要とされるため、修理費用が通常より高額となる可能性が高いです。そのため修理不可な場合や修理代が高くつく場合は、買い替えた方がお得なこともあります。

ここまで聞くと「画面の不具合が起きた場合には、iPadからデータが引き出せないのか?」という疑問が出ると思いますが、AppleStoreなどの正規店ではまず修理不可だと思って下さい。この修理内容はイレギュラーなものと判断されるため多くの場合、正規店では新品と交換となります。また非正規店ではデータを残したままの修理が可能なため、修理ができ次第データを引き出すこともできます。そのため「iPadのデータを残したい」という方は非正規店で修理をするしかないです。

時間

非正規店での修理には時間がかかりませんが、正規店やAppleStoreで修理する場合には前述の通り時間がかかります。Appleリペアセンターなどでの修理となった場合、数週間かかることもあります。そのため「すぐに修理してもらわないと困る」「この日までには必要だ」といった場合、非正規店での修理もしくは買い替えの検討をおすすめします。

フレームが曲がっている

本体のフレーム部分が曲がっている場合には、AppleStoreや正規店で本体を交換するか買い換えるかの2択しかありません。非正規店では画面などの交換修理は可能ですが、フレーム交換はできません。もしフレームが曲がってしまっている状態で、非正規店に修理を依頼した場合、「画面が浮く」という状態となります。iPadの画面はテープで接着されているため、フレームが曲がっている場合には「画面が浮く」という現象がおきます。そのためフレームが曲がっている場合はAppleStoreなどの正規店へ持ち込み、交換か買い替えの検討をして下さい。

まとめ

iPadの修理店別にあるメリットデメリットについてや、iPadの買い替えサインについてはお分かり頂けたでしょうか。これを知らないと「データが消えてしまった」「せっかく修理店に足を運んだのに修理不可だった」などと取り返しのつかない事態になったり、2度手間になったりと少なからず損をします。そのためしっかりと押さえて、事前にiPadの状態などを見て修理店舗や修理可能かを検討して下さい。もし店舗に迷うようであれば「アイフォンクリア」に相談することをおすすめします。総務省登録修理事業者なので安心安全です。ぜひ利用してみて下さい。